HOME > Pianist

渡辺 薫 Kaoru Watanabe

ボサノバ、ポップス、弾き語り

大阪府堺市出身。
歌好きの母親の影響により幼少期は60年代~70年代のポップス、フォークミュージックや昭和歌謡などに親しむ。
2007年に気鋭のミュージシャンとの共演で、ファーストアルバム「泳いできてね」を全国リリース。
独特の日本語詞をジャズやボサノバ寄りのアコースティックサウンドに乗せたオリジナル楽曲が多方面から好評を得て、発売後3ヶ月で再プレスとなり、その後リミックス・リマスター盤をリリース。
この頃から、ボーカリストとしての活動も開始。
2009年9月セカンドアルバム「気まずい足あと」をリリース。
ピアニスト大渕昭氏、ベーシスト岩崎まこと氏、ドラマー中島道博氏とのバンドでタワーレコード渋谷店にてインストアライブを行い、ライブツアーも盛況。
タイトル曲「気まずい足あと」は出身地大阪のFMラジオ局「FMcocolo」の ジャズプログラム「Jazz Warehouse」のクロージングテーマに選出され、一ヶ月間フィーチャーされる。
2011年には、自身の企画により、おもてなしと女子会をコンセプトに、都内の一軒家スタジオにて女性限定のアフタヌーンライブを行い、午後の光が差すリビングルームでのリラックス感溢れるナチュラルな弾き語り演奏が好評を得る。
2012年、そのライブ様子と、これまでのビデオクリップ、バンドセッションを収録したDVD「Kaoroomへようこそ」をリリース。 
2013年、シングル「Jellyfishの夢の中」をインターネット配信限定でリリース。
現在、オリジナル楽曲を中心に、様々な編成にてライブハウスにレギュラー出演し、ソロライブでも東京都内のジャズバーにて精力的に演奏している。
また、テレビ番組への楽曲提供、人気調律師の宮崎剛史氏やメイクアップアーティストの西村リサ氏と新感覚のコラボレーションライブを行うなど、幅広いジャンルで活動中。

LinkIcon渡辺 薫 オフィシャルサイト
LinkIcon渡辺 薫 Blog 【Kaoroom】


3879r2.jpeg

あさば みほ Asaba Miho

ボサノバ、スクリーン・ポップス弾き語り

エレクトーン演奏者だった母親の影響を受けて、3歳よりエレクトーンやピアノを習い始める。
地元の長野市で、独学でボーカル活動とピアノの弾き語りを始め、その後ジャズやボサノバに興味を持ち、2年間長野から東京まで通い、ジャズピアノを福田重男氏に師事、英語とポルトガル語STEVE SACKS氏に師事し、本格的にジャズを習得する。
また、上京後に はジャズピアニスト村尾陸男氏に師事。
サンバ、ボサノバ等のブラジリアンミュージックを、Fransis silva氏(パーカッション&ヴォーカル)に師事した。
2006年、VME(ベガミュージックエンターテイメント)より元ポンタボックスのベーシスト水野正敏氏プロデュースのファーストアルバム『MIHO NOVA』をリリース。iTunesのランキングで収録曲がベ スト10入りする等、好評を博す。
その後、「MIHO NOVA」がユニット化し前作同様に小畑和彦氏(G)、水野正敏氏(Eb)と2ndアルバム「meu amante」を2008年3月にリリースする。
有名アーティストのアルバムに参加したり、ご当地ソング企画など、レコーディング経験も豊富。透明感のある歌声に定評がある。
2012年5月、目黒「Blues Alley Japan」において、初のリーダーライブ『SOM BOSSA GROOVE』を成功に収めた。
2013年2月に、同会場にて「あさばみほ Birthday Live~Bossa Nova Night~」と題し、2回目のリーダーライブを行う。
その後、東京で知り合ったBossa Novaを主に演奏している女性ミュージシャン4名で「東京女子BOSSA」を結成。
同年、10月にインパートメントレーベルより、東京女子BOSSA 1st アルバム「東京BOSSA」をリリース。
同アルバムが、Amazonで『ワールド部門』で、堂々の1位を獲得するなど快挙を上げる。

LinkIconあさば みほホームページ


miho-asaba_A3.jpg

伊藤慶子 Yoshiko Ito

ポップス、ジャズ、スクリーン弾き語り

福島県白河市出身。10月23日生まれ(天秤座)血液型O型洗足学園大学音楽部教育音楽科卒業。大学卒業後福島県にて中学校教員となるが上京、神奈川県川崎市にてピアノ・エレクトーン講師となる。神奈川県秦野市にて小学生低学年対象のコーラスグループの指導にあたり、地域のイベントに参加。ピアノ講師グループの会を結成、発表会等イベントの企画、参加。その後、友人の薦めでピアノ弾き語りをはじめる。(ジャズスタンダード、ポップス、スクリーンミュージック、J・POP他)ソニーPCオーでション入賞、東京代表として全国大会出場NHK教育TV「コーラスでポップスを」に出演某ミュージカルにてシアターアプル・よみうりランド出演某CMのレコーディングにコーラスとして参加現在は人形町ピアノバー「かくれんぼ」新宿「ニュートンズアップル」新小岩ライブハウス「チピー」イタリアンレストラン「オリゾンテ」等で出演中。


伊藤さん.jpg

中溝ひろみ Hiromi Nakamizo

ジャズ、ポップス、ボサノバ、オリジナル弾き語り

佐賀県生まれ、千葉県育ち。3歳からピアノを始める。
高校時代クラシック声楽を学び始めるが、ビリーホリデイのアルバムと出会い衝撃を受ける。
以後ジャズに傾倒し、大学時代にジャズギタリスト宮之上貴昭氏に見出されて歌手としてデビュー。本格的なライブ活動を開始。
また、海老原淳子氏にピアノの弾き語りを師事。

2008年 浅草ジャズコンテストボーカル部門にてグランプリ授賞。同年 NY へ渡り武者修行へ
2011年 上海にて開催された東日本大震災支援コンサートに出演して好評を得る。
ファーストアルバム『Song for a Sky』
2013年 初のオリジナル曲を集めたアルバム『1000億のキセキ』を発売。

ジャズやアメリカンポップス、ブラジル音楽などを幅広く唄いこなす傍らオリジナル曲も個性的で好評を得ており、『1000億のキセキ』は2012年の介護作文フォトコンテストのテーマソングとして採用される。
美しい天使のような歌声と比類のないそのクリアボイスが魅力。
そして誠実で真摯なその歌は多くの人を惹きつける。

LinkIconうたうたいひろみのぶろぐ〜♪
LinkIconHiromi Nakamizo Website


hiromi_blossomelive.jpg

柴田麻実 Mami Shibata

洋楽ポップス中心、ボサノバ、スクリーン、ジャズも  弾き語り

東京生まれL.A.育ち。5歳からのピアノ、中学校ではコーラス部、高校と大学でバンド活動を、といつも彼女の生活の一部だった。上智大在学中にジャズボーカルにあこがれ、Berklee College of Musicへ。留学中、歌が気に入られ、ホテル等で歌い始める。
ジャズ作曲編曲学部 (ボーカル専攻) 卒業を期に帰国、その年の浅草ボーカルジャズコンテストのグランプリを獲得。オリジナル曲もアメリカのソングライティングコンテストなどで入賞。97年にオリジナルとスタンダードで構成されたアルバム”Thinking of You”をリリース。
現在はpops jazz unit「リディア・シフォン」のボーカルとしてジャズテイストのオリジナル曲を中心としたライブ活動を行っている他、ジャズボーカルとして、ピアノ弾き語りとして都内のジャズクラブ、ホテルやピアノラウンジで演奏をしている。新たな挑戦としてSmall Cast Radio Networksでナビゲーターを努めている。
リスナーに「心の小旅行」を、と人生における様々な場面を映し出す曲を作り、表現していきたいと思う彼女。アメリカで培われた豊かな感性と心地よい声にはいつも愛情がたっぷり込められている。

LinkIcon柴田麻実ブログ


IMG_0114.jpeg